お知らせ

2016-04-26 23:53:00

 16.5.10(火)22(日)

 10:30~18:00 月曜日休館

 

1960年頃から絵の中の色彩が、物の形を離れて独自の存在を主張しはじめ、油彩による独自の抽象表現へと移行していく頃の作品、そして若松の「コラージュ前期」と言われている1965年頃の作品を中心に30数点を展示致します。壁や船体の風化したマチエールに魅せられ、油彩表現化した作品から、それを和紙や古布の表現に変化させて行った時代の作品に焦点を当てた企画展です。明るいコラージュ表現とはまた違った独特の色彩を持つ作品の数々をどうぞご高覧下さいませ。

500横_若松光一郎展2016.jpg


2016-04-08 02:10:00

16.4.16(土)24(日)

 10:30~18:00 月曜日休館

 

  草木染め伝統工芸士としてご活躍されている田尾日出郎さん、本堅地呂色仕上げという漆黒塗りの技法で漆工芸品を制作されている小磯稔さん、信楽土を使って地元いわきを中心に陶芸家として活躍されている野口孝寛さんによる三人展を開催致します。日本古来の伝統的な工芸品の数々をどうぞご高覧くださいませ。


2016-02-23 17:52:00

16.3.22(火)27(日)

10:30~18:00 最終日15:00まで

 

第51回いわき美術協会「若松光一郎賞」受賞で、
アートスペースエリコーナのご厚意により個展を開催する機会が出来ました。
ご高覧いただきたくご案内申し上げます。
趣味で始めた絵画、公募展に出品した作品を中心に展示致します。
お気軽にご覧のうえ、ご講評いただければ幸いです。
どうぞお立ち寄りください。
                          根本裕之

 


2016-02-23 17:45:00

16.3.5(土)18(金)

10:30~18:00 (月曜日休館)


エリコーナが所蔵する数多くの作家さん達の作品の中から、
「コレ!」っと思う作品を一作家一点に厳選し展示致しました。
春のお祝い、門出の季節に大切な方へアートを贈りたい…、
新生活の様々なシーンに素敵なアートはいかがでしょうか。
お気に入りの一点を見つけに、どうぞご来館くださいませ。

 


2016-01-09 23:17:00

16.1.23(土)~2.14(日)

10:30~18:00(月曜日休館)

 

安藤 栄作  伊賀 晶子  石井  實
石川 卓治  薄井 崇友  大町  亨
織田 千代  小野 重治  刈込 芳一
木村 啓太  草野 怜子  小板橋 弘
島  剛    延岡 毅一  長谷川 浩子
林  浩美   毛利 元郎  山本 伸樹
鈴  忠壽   若松 光一郎

 

 

 

太陽の動きとともに目の前の風景が、大きく表情を変えます。
光の方向によって、様々な事物の細部から全体にかけて生じる陰影が、変化するためでしょう。

そこに生じる何か美しい瞬間。

それらを描こうとすると、何故か手で掬おうとする水のように、逃ていってしまうという経験をしたことはありませんか?
ところが目の前にはゆったりと、描こうとした美しい何かが、広がっているのです。

この得体の知れない大切な事が何なのか、気づいた時、明らかにこの世界が、それまでとは違って感じれるようになるのではと思います。
これは目に見える事だけではなく、あらゆる関係の中でも同じ事が言えないでしょうか?

この大切な何かを捉えた時、それはパルスを発し、それが何であるかを気づいていない人々にさえも、確かな何かを感じさせてしまうのです。

 

 

 ☆1月31日(日) 14:00~

  作家さんたちを囲んでのお茶の会を開催致します。 皆様お気軽にお越し下さいませ。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...